プロポーズの主役|婚約指輪の相場を知っておくと安心

ハート

プロポーズで必須なもの

指輪

彼女に満足してもらえます

結婚を決意した時、男性は婚約指輪を用意しなくてはと考えることが多いと思います。婚約指輪はプロポーズの象徴であり、固い愛という意味でも、鉱物の中で最も硬いダイヤモンドが一般的となっています。以前は、婚約指輪の相場は給与の3か月分と言われた時代がありましたが、それは昔の宝石業者が売り上げ促進のために打ち出したキャンペーン上の相場であって、今はそれほどの金額を出す人は少なくなってきています。現在の相場としては、給料の1か月分が妥当だとされています。もらっている給料の相場は、当然年齢によって異なります。たとえば、20代であれば約20万円ほどが妥当でしょう。また、年収で換算することも可能です。年収であれば全体の約8パーセントがいいとされています。

ダイアモンドの選び方

実際に婚約指輪を選ぶとき、値段も大事ですが、女性にとっては一生の記念となるものですので喜んでもらえるものを選びたいものです。土台はプラチナがほとんどです。プラチナは変色が少なく、とても硬いものですので、どの女性にも喜んでもらえます。ダイヤモンドは主にカラットとデザインで値段が決まってきますが、やはり大きさとデザイン性は女性にとってもわかりやすい点ですので、予算の中でその2点を重視しながら選ぶ必要があります。30万円の予算があれば、0.3カラットというダイヤモンド自体の大きさも十分あるものが選べますし、そのダイヤモンドがより主張されるデザインになっていると、より大きく感じられるでしょう。結婚式が終わり、結婚指輪を交換するまでは身に着ける大切な婚約指輪ですので、慎重に選ぶことが大切です。

彼女のハートを鷲掴み

ハート

婚約指輪で悩むことが多いのがリングの素材選びです。おすすめのものはシルバーとゴールドのリングです。前者は反射率が高いのでダイヤモンドの輝きを一層引き立ててくれます。後者は多彩な色があり、アクセサリーの相性もいいのでファッショナブルな指輪になります。

View Detail

婚約指輪に最適な宝石

カップル

ダイヤモンドにはいくつか種類があり、それに併せて選ぶ基準も4Cとして分けることができます。有名ブランドであるラザールダイヤモンドは、カットに優れているため、特殊技術によってダイヤに美しい輝きを生み出します。

View Detail

式のビジョンを左右する

ウェディング

様々なデザインがある中でウェディングドレスを選ぶとなると迷ってしまう人も多いです。結婚式で使用するブーケとの相性を考えてみましょう。ブーケを持った時に花嫁の全体像が整うウェディングドレスが魅力的です。ウェディングドレスはドレスサロンでレンタルします。サロンに足を運ぶ際はカメラを携帯しましょう。

View Detail